コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニッスル小体 ニッスルしょうたいNissl's body

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニッスル小体
ニッスルしょうたい
Nissl's body

虎斑物質。神経細胞原形質中にある好塩基性の顆粒体。神経組織をニッスル染色で見ると,ニューロン細胞質の中に青紫色の点状に染まるニッスル小体が現れる。核蛋白を含み,神経細胞の蛋白合成に重要な役割を果す。ドイツの神経学者 F.ニッスル (1860~1919) が発見した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニッスル小体
にっするしょうたい

神経細胞の固定標本切片をチオニン、メチレンブルー、トルイジンブルーなどの塩基性色素で染めて光学顕微鏡で観察すると、神経細胞の原形質内に斑(はん)状に顆粒(かりゅう)群が染め出される。これをニッスル小体(ニッスル顆粒、ニッスル物質)とよぶ。ニッスルの名はドイツの神経科医ニッスルF. Nissl(1860―1919)によっている。脊髄(せきずい)前柱の灰白質中に存在する大形の運動性細胞のニッスル小体は大きな斑点状に分布するため、とくに虎斑(こはん)ともよばれる。ニッスル小体は粗面小胞体とリボゾームの集まりであり、神経細胞の生理状態あるいは病的状態で形状が変化し、ときには消失することもあるが、神経細胞の機能が回復すればふたたび出現する。このため、ニッスル小体の状態は神経細胞の機能状態を判断する指標となる。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android