コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニトロナフタレン nitronaphthalene

世界大百科事典 第2版の解説

ニトロナフタレン【nitronaphthalene】

芳香族ニトロ化合物の一つ。ニトロ基の位置により,1‐(またはα‐)および2‐(またはβ‐)ニトロナフタレンの2種の異性体がある。ナフタレンを混酸(濃硫酸と濃硝酸の混合物)によってニトロ化すると,1‐体と2‐体とが9対1の比で生ずる。(化学式)1‐体は黄色の針状結晶で,融点61℃,沸点304℃。還元されると1‐ナフチルアミンになるので,染料の原料として重要である。2‐体は無色の板状結晶で,融点79℃,沸点312.5℃(734.4mmHg)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ニトロナフタレンの関連キーワードナフチルアミンニトロ化合物針状結晶ニトロ基混合物濃硫酸濃硝酸異性体混酸

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android