コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

混酸(読み)コンサン

大辞林 第三版の解説

こんさん【混酸】

一般に、二種類以上の酸の混合物のこと。特に、濃硫酸と濃硝酸との混合溶液をいい、強いニトロ化剤で芳香族化合物のニトロ化に用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

混酸
こんさん
mixed acid

2種以上の酸の混合物を一般に混酸というが、化学では普通に混酸というときは濃硝酸と濃硫酸の混合物をいうことが多い。これは有機化合物のニトロ化剤として常用されるためである。また化学分析などで試料溶解用にしばしば用いられる、濃硝酸と濃塩酸の混合物である王水や逆王水なども混酸とよばれることがある。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android