コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニムエンダジュ Curt Nimuendajú

世界大百科事典 第2版の解説

ニムエンダジュ【Curt Nimuendajú】

1883‐1945
ドイツ生れのブラジルの民族学者。大学教育は受けなかったが,1905年以来トゥクーナ族の間で死亡するまで,ほぼ毎年現地調査を実施,ブラジルにおける科学的インディオ研究の基礎を築いた。数々の部族と接触しようと努力したことで有名。ドイツ姓ウンケルUnkelを捨て,グアラニー族より受けた名を正式の姓として22年にブラジルに帰化。ドイツ語,英語,ポルトガル語で数多くの論文を発表したが,なかでもジェ語族のティンビーラ,アピナイエ,シェレンテなど諸族の研究で名高く,これらはR.H.ローウィにより英訳出版されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ニムエンダジュの関連キーワードミネリ(Vincente Minnelli)原子爆弾投下対日占領政策内閣総理大臣ディープ・パープルドイツ問題ホロウェイリーンアルマン条約ガルシン

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android