ニャット・リン(英語表記)Nhat Linh

世界大百科事典 第2版の解説

ニャット・リン【Nhat Linh】

1905‐63
ベトナムの小説家,政治家。本名グエン・トゥオン・タムNguyen Thuong Tam。ベトナム北部のハイズオン省に生まれ,パリに留学して理化学を修めた。1932年週刊《風化》を創刊し,社会改良を主張する作家の結社〈自力文団〉を創立,自ら数多くのロマン主義小説を書いた。代表作は《断絶》。のち本名で政治活動に入り,39年民政大越党書記長となり,42年革命同盟会代表として中国に渡った。45年のベトナム民主共和国独立後,中国国民党の援助で帰国,反共派の革命同盟会やベトナム国民党の幹部としてベトミンの勢力に対抗した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニャット・リンの関連情報