コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニャット・リン Nhat Linh

1件 の用語解説(ニャット・リンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ニャット・リン【Nhat Linh】

1905‐63
ベトナムの小説家,政治家。本名グエン・トゥオン・タムNguyen Thuong Tam。ベトナム北部のハイズオン省に生まれ,パリに留学して理化学を修めた。1932年週刊《風化》を創刊し,社会改良を主張する作家の結社〈自力文団〉を創立,自ら数多くのロマン主義小説を書いた。代表作は《断絶》。のち本名で政治活動に入り,39年民政大越党書記長となり,42年革命同盟会代表として中国に渡った。45年のベトナム民主共和国独立後,中国国民党の援助で帰国,反共派の革命同盟会やベトナム国民党の幹部としてベトミンの勢力に対抗した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニャット・リンの関連キーワードカムラン湾交趾ベトコンベトナム語ホーチミン市ファンボイチャウ越僑西沙諸島日本ベトナム間賠償借款協定川本邦衛

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone