コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニュンフェンブルク宮殿 ニュンフェンブルクきゅうでんSchloss Nymphenburg

世界大百科事典 第2版の解説

ニュンフェンブルクきゅうでん【ニュンフェンブルク宮殿 Schloss Nymphenburg】

ミュンヘン近郊にある,ドイツバロックの代表的な郊外宮殿。ニュンフェンブルクとは〈ニンフの城〉の意。もともとはバイエルン選帝侯フェルディナント・マリアが妻に贈った夏宮で,1664‐74年イタリアのバレリAgostino Barelli(1627‐87ころ)らが造営。18世紀初頭,同選帝侯マックスエマヌエルベルサイユ宮殿に刺激されて左右に広がるバロック宮殿に拡張し,建築家ビスカルディGiovanni Antonio Viscardi(1645‐1713)らが担当する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報