コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニュンフェンブルク宮殿 ニュンフェンブルクきゅうでん Schloss Nymphenburg

1件 の用語解説(ニュンフェンブルク宮殿の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ニュンフェンブルクきゅうでん【ニュンフェンブルク宮殿 Schloss Nymphenburg】

ミュンヘン近郊にある,ドイツバロックの代表的な郊外宮殿。ニュンフェンブルクとは〈ニンフの城〉の意。もともとはバイエルン選帝侯フェルディナント・マリアが妻に贈った夏宮で,1664‐74年イタリアのバレリAgostino Barelli(1627‐87ころ)らが造営。18世紀初頭,同選帝侯マックスエマヌエルベルサイユ宮殿に刺激されて左右に広がるバロック宮殿に拡張し,建築家ビスカルディGiovanni Antonio Viscardi(1645‐1713)らが担当する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニュンフェンブルク宮殿の関連キーワードオルフキュビエ新バロックミュンヘンミュンヘン一揆ミュンヘン会談トラーベミュンデワルネミュンデワルディ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone