コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニュンフェンブルク磁器 ニュンフェンブルクじき

1件 の用語解説(ニュンフェンブルク磁器の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ニュンフェンブルクじき【ニュンフェンブルク磁器】

18世紀ドイツの代表的な磁器および窯の一つ。1747年バイエルンマクシミリアン3世の保護のもとに磁器窯としてミュンヘン近郊ノイデックに開窯,しかし実際の磁器焼成は53年ストラスブール窯から来たJ.J.リングラーによるもので,翌年イタリアで修業を積んだ陶彫家のブステリを工房に迎えたことによって輝かしいスタートを切った。工房は61年ニュンフェンブルク宮殿に移転。同窯は1755年から67年にかけてロココ様式の食器や置物を製作,なかでもブステリの単純化したフォルムと繊細な感覚の磁器彫像はブステリ様式と呼ばれ,同時代の他の窯場に多大の影響を及ぼした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone