コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニュンフェンブルク磁器 ニュンフェンブルクじき

1件 の用語解説(ニュンフェンブルク磁器の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ニュンフェンブルクじき【ニュンフェンブルク磁器】

18世紀ドイツの代表的な磁器および窯の一つ。1747年バイエルンマクシミリアン3世の保護のもとに磁器窯としてミュンヘン近郊ノイデックに開窯,しかし実際の磁器焼成は53年ストラスブール窯から来たJ.J.リングラーによるもので,翌年イタリアで修業を積んだ陶彫家のブステリを工房に迎えたことによって輝かしいスタートを切った。工房は61年ニュンフェンブルク宮殿に移転。同窯は1755年から67年にかけてロココ様式の食器や置物を製作,なかでもブステリの単純化したフォルムと繊細な感覚の磁器彫像はブステリ様式と呼ばれ,同時代の他の窯場に多大の影響を及ぼした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニュンフェンブルク磁器の関連キーワードイェーリング西ドイツホルバインドイツ文字デッサウベルリッツ庭園王国統一ドイツフーズムトッカータとフーガドイツの小さな町対応時間の法則

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone