コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューカッスルアンダーライム Newcastle-under-Lyme

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニューカッスルアンダーライム
Newcastle-under-Lyme

イギリスイングランド中西部,スタッフォードシャー県北西部の都市。周辺を含めてニューカッスルアンダーライム地区を構成する。ペナイン山脈南端部西麓にあり,バーミンガムリバプールのほぼ中間に位置する。市名は 1145年頃チェスター伯が建てた新しい城(ニューカッスル)に由来。煉瓦,タイル,電機,機械などの工業が盛ん。聖ジャイルズ聖堂は古来何度も改築,再建され,今日のものは 1876年建造。1949年創立の北スタッフォードシャー大学は 1962年キール大学に改組された。地区面積 211km2。地区人口 12万2040(2001)。都市人口 7万4427(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ニューカッスルアンダーライムの関連キーワードニューカッスル・アポン・タインストーク・オン・トレントアストリー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android