ニューカッスル公(読み)ニューカッスルこう

百科事典マイペディアの解説

18世紀英国の貴族政治家。ペラム男爵の家に生まれ,さらに叔父ホリス家を相続して,ペラム=ホリスと改姓。広大な所領と公爵爵位を有する英国きっての名門貴族となった。ホイッグ党に所属。ウォルポール政権下で国務相(1724年−1754年)。ウォルポールが下野したあとも弟のペラムとともに政府に留まり,ペラムが死去したあと1754年その首相兼大蔵卿の地位を受け継いだが,七年戦争での敗北の責任をとって1756年辞職。翌年ピット(大)の協力をえて連立内閣組閣(1757年−1762年)。ジョージ3世の即位後ビュート伯を支持してピットを辞職させたが,みずからもビュート伯に追われた。1765年ロッキンガム政権の下で国璽尚書となった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android