コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューノルスク ニューノルスクNynorsk

1件 の用語解説(ニューノルスクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニューノルスク
ニューノルスク
Nynorsk

ノルウェー語の2種の書き言葉の一つ。 1929年以前はランスモールといった。ボークモール (リクスモール) に対する。文献学者 I.オーセンが 1880年代にデンマーク語の影響を排し,ノルウェー語本来の姿を取戻すことを目指して創造したもので,古期ノルウェー語の特徴をよく保っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のニューノルスクの言及

【言語政策】より

…ところがこれとは別に西部農村地帯の方言に立脚したランスモールlandsmålが組み立てられ,両者の間に言語の内戦が繰り返されている。現在でも,それぞれボクモールbokmål,ニューノルスクnynorskと名称を改め,相互に正書法を補正しながら,階級闘争まがいの勢力争いを続けている。
[文字や語彙などの借用]
 文化的に〈優位〉の言語は〈劣位〉の言語にさまざまな影響を与えるが,そのひとつに文字の借用がある。…

【ノルウェー語】より

…他の一つは,ノルウェー語のデンマーク語からの解放を目ざすオーセンIvar Aasen(1813‐96)が提唱した,特に西ノルウェーの諸方言を基礎とした文語の創造であり,この文語はランスモールlandsmålと呼ばれた。このようにして,ノルウェーは上述の二つの公用語をもつことになるが,1929年にはこれら二つの文語にそれぞれボクモールbokmål(=〈本のことば〉),ニューノルスクnynorsk(=〈新ノルウェー語〉)の公式名称が与えられた。二つの公用語の統一を目ざした1907,17,38年のボクモールの正書法改正にもかかわらず,二つの文語の間の溝はいまだ埋められておらず,両者の間にはおもに次のような相違が存在する。…

※「ニューノルスク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone