コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューファンドランド・ラブラドル[州] ニューファンドランドラブラドル

百科事典マイペディアの解説

ニューファンドランド・ラブラドル[州]【ニューファンドランドラブラドル】

カナダ東端の州。ニューファンドランド島と本土のラブラドル地方からなる。ラブラドルは未開の高原状台地,島は火山起源でいずれも氷食を受けている。大漁場(グランド・バンクス)をひかえ漁業が主産業をなし,タラを中心にエビ,ニシン,サケなどが漁獲され,水産加工も盛ん。低地部の針葉樹林は製紙原料となり,コーナーブルックの新聞用紙工場は世界屈指の規模。ラブラドルの鉄鉱,銅鉱などの鉱業も盛ん。島部は1713年英領,1949年ラブラドルと合体してカナダの一州。州都セント・ジョンズ。37万3872km2。51万4536人(2011)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ニューファンドランド・ラブラドル[州]の関連キーワードニューファンドランド島

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android