コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニワスギゴケ(庭杉苔) ニワスギゴケPogonatum

1件 の用語解説(ニワスギゴケ(庭杉苔)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニワスギゴケ(庭杉苔)
ニワスギゴケ
Pogonatum

セン類スギゴケ科の1属で,一般には単にスギゴケと称して本属のもの以外のセン類をも含めて呼ぶことが多い。茎は細いが円柱状でほぼ直立する。披針形で無柄の葉がそのつけ根で茎を抱くようにしながら密生している。雌雄異株で,それぞれ蘚体の頂部近くの葉脈に造卵器および有柄の造精器を生じる。受精した造卵器内の卵は胚となり,伸長するとともに頭部は太くなり,かつ分化して 蒴となる。 蒴の頂部は蘚蓋という蓋状の構造になり,のちにはずれる。胞子は内部中央の柱軸のまわりに生じる。オオバニワスギゴケ (セイタカスギゴケ) ,カギバニワスギゴケ,チヂレバニワスギゴケなどがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone