ニワヤスデモドキ(読み)にわやすでもどき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニワヤスデモドキ
にわやすでもどき / 丹羽擬馬陸
[学]Neopauropus niwai

節足動物門少脚(しょうきゃく)綱ヤスデモドキ科に属する陸生動物。森林の落葉腐植土中にすみ、体長1~1.5ミリで、白色の紡錘形、頭に二叉(にさ)した触角一対がある。胴は背面からは七節にみえ、それぞれ両側に各1本の大剛毛がある。歩肢は九対。体は微小であるが、行動は敏速である。食性や生活史など不明。1927年(昭和2)に名古屋市内で丹羽弥(にわひさし)が発見したのが日本で最初であるため、この名があり、別名ニワムシともよばれる。人間生活との関係はほとんどない。[篠原圭三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のニワヤスデモドキの言及

【ヤスデモドキ(擬馬陸)】より

…食性はよくわかっていない。世界で約650種,日本には29種が知られ,白色軟弱なニワヤスデモドキは本州,九州に分布し,褐色で堅くダンゴムシのような形のオビヤスデモドキは四国,九州,琉球諸島などに分布する。【青木 淳一】。…

※「ニワヤスデモドキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android