コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニンドワリ遺跡 ニンドワリいせきNindowari

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニンドワリ遺跡
ニンドワリいせき
Nindowari

パキスタンのポラリ川支流クド川右岸にある先史遺跡。 1960年代前半に J.M.カザルが調査。中心となるのはクリ文化の時代で,建物の形状などから通常の居住地ではなく宗教センターの可能性が強い。テラコッタの牛や地母神像が多く出土し,土器には焼成前につけられた記号が多い。前に淡黄色の黒彩土器,あとにロンド土器に似た土器が存在する。ナル文化ハラッパー文化との関連でも重要。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ニンドワリ遺跡の関連キーワードパキスタン

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android