コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニーラカンタ・シャーストリ K.A.Nīlakanta Śāstri

世界大百科事典 第2版の解説

ニーラカンタ・シャーストリ【K.A.Nīlakanta Śāstri】

1892‐1975
インドの歴史家。マドラス大学で学び,1929年から同大学の歴史学教授として南インド史を開拓し,大きな業績を残した。47年退職後,マイソール大学教授,ユネスコ伝統文化研究所長を歴任した。多数の著書のうち,チョーラ史の画期的な研究は有名であり,ビジャヤナガル史資料編集,南インドと東南アジアの交流史研究も重要である。また《南インド史A History of South India》(1958)は南インド史概説として版を重ねて定評あるものであり,晩年には南インドの宗教・文化史について数冊の啓蒙的な概論を著した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ニーラカンタ・シャーストリの関連キーワード黒人問題谷川俊太郎三東ルシア採石業深作欣二フランス労働総同盟村上浪六EA-71紀田順一郎キング・クリムゾン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android