コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文化史 ブンカシ

4件 の用語解説(文化史の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶんか‐し〔ブンクワ‐〕【文化史】

学問・芸術・文学・思想・宗教・風俗・制度など、人間の文化的活動の所産について包括的に記述した歴史。政治史・経済史などと区別していう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんかし【文化史 Kulturgeschichte[ドイツ]】

〈文化史〉という歴史叙述の一分野が,ヨーロッパにおいて形成されたのは18世紀後半である。それはまず〈政治史〉との対立を意味した。すなわち,国家的事件にのみ限定された歴史叙述に対し,風俗・習慣や精神生活の歴史叙述を意図した。そのような意味での文化史を創始したのは,通例,ボルテールの著作《諸国民の風習と精神についての試論》(1756)と目されている。しかし,彼はまだ〈文化史〉という用語を用いていない。《人間性形成のための歴史哲学異説》(1774)の著者J.G.ヘルダーにおいても,文化史の考えが芽生えていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぶんかし【文化史】

科学・芸術・文学・教育・宗教・風俗・交通などを相関連させ、人類の文化の変遷・発達を記述した歴史。文明史。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文化史
ぶんかし

歴史学の対象は人間のあらゆる生活面にわたるので、その研究はそれぞれの領域に応じて分化し、政治史、経済史、法制史、美術史、思想史等々多様な形態をとる。文化史もその一つで、扱う対象は風俗、習慣のような底辺の生活様式から、政治、経済を含み、高次の学問、芸術、宗教などの活動面までを広く包括する。しかし対象が広いだけで、文化史の方法は明確に規定されていない。一般の用法としては政治史に対して使われることが多く、その場合は知的活動面に偏って、精神史、技術史、芸術史に近いものとなる。文化史と文明史の区別も明確ではない。語義としては「文化」は知的・精神的形成をさし、「文明」は技術的・社会的形成をさすが、両者は互いに関連しているから、別個に使い分けられるものではない。トインビーは文化史のスケールの大きいものを文明史というが、この定義も学界に定着していない。
 いわゆる文化史はヨーロッパの18世紀啓蒙(けいもう)思想の産物である。その百科全書的な知識がもとになって、歴史の見方が聖史から俗史へ変わる転機に成立した。フランスのボルテールは『諸国民の精神と習俗論』において、伝統的なキリスト教的ヨーロッパ中心史観を打ち破り、非ヨーロッパ諸民族を同等に扱い、イスラム教や仏教をキリスト教と同列に置き、民衆の風俗や商業から上層の学問、芸術にわたる広範な歴史を書いた。これが文化史の始まりである。しかし19世紀のドイツ史学はナショナリズムへの関心から政治史に傾き、文化史は疎んぜられた。19世紀末ランプレヒトは独特の文化史を提唱した。それは伝統的な政治史に対して社会状態そのものを対象にして、その個別的事実を記述するのではなく、集団主義的方法で事象の一般型、発展段階を抽出するものだった。彼の意図は自然科学的方法を導入し、コントやバックルのように歴史を法則科学にしようとするものであったため、専門の歴史家や哲学者から反対された。この方法の継承者はいない。20世紀に入りシュペングラーは文化の形態をマクロにとらえ、それを生物学的アナロジーで有機体とみ、その個体の発生・成長・死滅の循環を文化史のパターンとした。この仮説は文化史の一つの側面を直観的にとらえてはいるが、対象が大きすぎて実証できないために、科学的な歴史学の方法にはなっていない。文化史は概念が決まらぬまま多様に書かれている。[神山四郎]
『バグビイ著、山本新・堤彪訳『文化と歴史』(1976・創文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の文化史の言及

【思想史】より

… ディルタイは,精神的諸現象を生の構造連関から了解する精神科学を提唱し,この立場から,生の客観化された表現としての歴史,文化を重視して,精神史探求に哲学的基礎を与えた。また,文化を精神の所産とみて探求するブルクハルトやホイジンガ,またランプレヒトの文化史という視点も,あるいは諸観念の連鎖をとらえるラブジョイの思想史(観念史)history of ideasも広い意味での精神史的思想史に属する。一方20世紀に入って,思想を環境に制約されるとみる実証主義的視点や,思想を物質的生活(下部構造)に規定されるイデオロギー(上部構造)とみるマルクス主義の視点がひろがると,思想史を社会史的過程と関連させて記述する社会史的思想史の探求が生まれた。…

※「文化史」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

文化史の関連キーワード西田直二郎紀事本末体東西交渉史歴史学歴史文法歴史物語額一分問題史第一分野第二分野

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文化史の関連情報