コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌサイビン Nusaybin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌサイビン
Nusaybin

古代のニシビス。トルコ南東部の町。マルディンの南東 51km,シリア国境に位置し,シリアのカーミシュリーと向合っている。小アジアからシリアに通じる要地で,アッシリアの前哨点とされ,支配を変えながらも 13世紀までは繁栄したが,モンゴルの侵入以来衰えた。ただ,イラクのモースルからの通商路上にもあることと,イスタンブールバグダード間の鉄道にも沿っていることから,ある程度の重要性を維持している。人口5万 605 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のヌサイビンの言及

【ニシビス】より

…小アジア南東部の古代都市。現,トルコ領ヌサイビンNusaybin。古くから東西交通の要衝として知られ,ローマとパルティアが争った。…

※「ヌサイビン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヌサイビンの関連キーワードバル・サウマーバグダード鉄道マルワーン朝

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android