コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌルジュ Nurcu

1件 の用語解説(ヌルジュの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヌルジュ【Nurcu】

第2次世界大戦後のトルコにおけるイスラム宗教運動の一つ。東部アナトリア出身のセイディ・ヌルシーを指導者として,特定の教団(タリーカ)に基礎を置かず,全世界のイスラム教徒を組織化の対象とする。ヌルジュとはヌルシーの著作集《光明(ヌール)の書》の学習者・信奉者を意味する。運動の当面の目標は,トルコ共和国の世俗化・西欧化された現体制を全面的に否定し,コーランシャリーア(イスラム法)とに基づいたイスラム国家を樹立することにあるが,アラブ諸国,パキスタン西ドイツなどにも支部をもち,〈イスラム世界国家〉設立プランをもつといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヌルジュの関連キーワードウィンダムカーディーレジスタンス世界大戦汎イスラム主義イスラム聖戦機構ハリーSトルーマンBIS(Bank for International Settlements)国際決済銀行(BIS:Bank for International Settlements)カステルヌーヴォ=テデスコ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヌルジュの関連情報