コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌルジュ Nurcu

世界大百科事典 第2版の解説

ヌルジュ【Nurcu】

第2次世界大戦後のトルコにおけるイスラム宗教運動の一つ。東部アナトリア出身のセイディ・ヌルシーを指導者として,特定の教団(タリーカ)に基礎を置かず,全世界のイスラム教徒を組織化の対象とする。ヌルジュとはヌルシーの著作集《光明(ヌール)の書》の学習者・信奉者を意味する。運動の当面の目標は,トルコ共和国の世俗化・西欧化された現体制を全面的に否定し,コーランシャリーア(イスラム法)とに基づいたイスラム国家を樹立することにあるが,アラブ諸国,パキスタン,西ドイツなどにも支部をもち,〈イスラム世界国家〉設立プランをもつといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヌルジュの関連キーワードヌルシー セイディ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android