ネオレアリズモ文学(読み)ネオレアリズモぶんがく(英語表記)Italian Neorealism; Neorealismo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネオレアリズモ文学
ネオレアリズモぶんがく
Italian Neorealism; Neorealismo

第2次世界大戦中,もしくは大戦直後のイタリアに生れた文学傾向。反ファシズム闘争の経験からイタリアの社会的,文化的現実を直視して,それのもつ構造のゆがみをあばくことを学んだ作家たちは,他方,多様で直截的な民衆の言語を取入れることによって表現の枠を広げ,人間性変革の可能性を目指したネオレアリズモを生み出した。代表的作家に,パベーゼビットリーニ,プラトリーニ,ベルト,モラビア,C.レービカッソーラカルビーノらがいる。しかし戦争の痕跡が消えていく頃になると,ネオレアリズモ文学も次第に読者との共通基盤を失い,1950年代には衰退に向った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android