ネコマネドリ(読み)ねこまねどり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネコマネドリ
ねこまねどり
catbird
[学]Dumetella carolinensis

鳥綱スズメ目マネシツグミ科の鳥。ネコマネツグミともいう。北アメリカに広く分布、繁殖し、冬季は西インド諸島やパナマにも渡る。鳴き声がネコに似て聞こえるので、この名がある。全長22センチメートル。体色は黒っぽい灰黒色、頭の上部は黒色、尾は長めで下尾筒が焦げ茶色をしている。雌雄同色。人家近くに好んですみ、やぶや低木の茂み、生け垣の中などに巣をつくる。マネシツグミほどではないが他の鳥や動物、物音のまねが巧みである。[柳澤紀夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のネコマネドリの言及

【マネシツグミ(真似鶫)】より

…たとえば,物まねじょうずのマネシツグミでさえ,物まねは彼らの歌唱の10%程度であるという報告がある。カナダ南部,アメリカ合衆国東部・北西部で繁殖するネコマネドリDumetella carolinensis(catbird)もマネシツグミ科の1種で,ネコの声に似た鳴声で有名。【森岡 弘之】。…

※「ネコマネドリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android