コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネジド ネジドNejd

2件 の用語解説(ネジドの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ネジド(Nejd)

サウジアラビア中央部の高原地域。イスラム教ワッハーブ派の発祥地。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネジド
ねじど
Nejd

サウジアラビア中央部にある岩石砂漠の高原地帯。平均標高800メートル、面積115万8000平方キロメートル。イスラム教ワッハーブ派の発祥地、国王一族の出身地で、首都のリヤドがある。地形は西に高く東に緩やかで、北西部にシャンマル山地、東部にトゥワイク山地が横たわる。トゥワイク山地西部には石灰岩層に沿って急崖(きゅうがい)が形成され、その崖(がけ)下にはオアシスやワジ(涸(か)れ川)がある。リヤドはこの地方最大のオアシスで、トゥワイク山地中央の湾曲部に位置する。リヤド、ウナイザ、ブライダなどのオアシスでは、ナツメヤシ、イチジク、オレンジなどの果物が栽培されるが、他の地域ではおもに遊牧が行われる。年降水量は170ミリメートル前後で、夏の日中気温は45℃を超えることが多いが、冬には最低気温が0℃近くになる。[片倉もとこ]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のネジドの言及

【ナジュド】より

…アラビア半島中部の高原地帯。ネジドNejdとよばれることもある。西はヒジャーズ山系,東はダフナー砂漠,南はルブー・アルハーリー砂漠,北はナフード砂漠に囲まれる。…

※「ネジド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone