ネッタイミノカサゴ(読み)ねったいみのかさご(英語表記)broadbared lionfish

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネッタイミノカサゴ
ねったいみのかさご / 熱帯蓑笠子
broadbared lionfish
[学]Pterois antennata

硬骨魚綱カサゴ目フサカサゴ科に属する海水魚。伊豆半島以南、小笠原諸島、インドネシア、ケルマデック諸島、マルケサス諸島に至る太平洋、南アフリカに至るインド洋に広く分布する。ミノカサゴハナミノカサゴに似るが、背びれ棘(きょく)は12本であること、胸びれの軟条は先端から中ほどまでに鰭膜(きまく)がなく遊離していることなどで区別できる。また、近縁種のキミオコゼとは胸びれに多くの黒斑(こくはん)があること、吻端(ふんたん)に3本の皮弁があることなどで異なる。水深80メートルほどまでのサンゴ礁の外側の斜面や礁湖の割れ目や穴の中にすみ、夜にはサンゴ礁の表面近くに出て、エビ類、カニ類などを食べる。体長は20センチメートルほどになる。
 ひれの棘(とげ)に強い毒があり、刺されると危険である。一般には食料として利用はしないが、優美な泳ぐ姿はダイバーに人気がある。水族館で飼育展示されることが多い。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android