ネット投資家(読み)ねっととうしか

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネット投資家
ねっととうしか

インターネットを利用して株式、投資信託、為替(FX)などの売買を行う個人投資家。1999年(平成11)の株式売買委託手数料自由化に伴い、手数料を大幅に引き下げたオンライン証券(インターネット証券)が次々に誕生し、インターネットでの売買が増加した。日本証券業協会の「インターネット取引に関する調査結果」(2012年9月時点)によると、協会の会員となっている証券会社268社のうち、インターネット取引を扱っているのは61社(1999年9月末時点では34社)で、インターネット取引の口座数は約1779万口座(1999年10月末時点では約30万口座)である(法人所有も含む)。また、インターネット口座を所有する投資家を年代別にみると、40代(23.6%)がもっとも多く、次いで60代(20.4%)、50代(19.2%)となっている。
 ネット投資家のなかには、株式を長期保有せず、1日のうちに売買を繰り返して得た利益で生計を立てるデイトレーダーとよばれる投資家もいる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android