協会(読み)きょうかい

精選版 日本国語大辞典「協会」の解説

きょう‐かい ケフクヮイ【協会】

〘名〙 単一体としての存在と機能をもつ、人または財産の集合体。ほぼ団体と同義にも用いられる。
※新聞雑誌‐三六号・明治五年(1872)三月「中外の助成を合併し前条居宅築造の実費に資用仕候はば、実に協会相憐(あはれむ)の本意を尽し候事に可之と存候」
※行人(1912‐13)〈夏目漱石〉塵労「ある協会(ケフクヮイ)の主要な一員として」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android