ネパール毛沢東主義ゲリラ(読み)ねぱーるもうたくとうしゅぎげりら

知恵蔵の解説

ネパール毛沢東主義ゲリラ

ネパールの中西部の農村地帯を拠点に台頭した共産主義ゲリラ組織。正式名称は、ネパール共産党毛沢東主義派(マオイスト)で、中国の毛沢東思想に影響を受けたとされる。1996年ごろから活動を活発化させ、手製の銃や手りゅう弾、遠隔装置付きの地雷などで武装し、政治家や高官、軍・警察幹部に対する襲撃や、軍・治安部隊との交戦、インフラの破壊活動を繰り返してきた。最高指導者はプラチャンダ氏。兵力は推定で約4000人。もともとネパール共産党の一派だったが、94年に統一共産党が選挙で初めて政権に就き、王政を容認するなど体制寄りに転換したため、たもとを分かち、地下に潜った。王政撤廃と人民共和制の実現を掲げ、カースト差別撤廃などの社会改革も訴えている。ネパール政府との対話は2001年に行われたが、決裂し、非常事態宣言が発令された。テロ対策を重視する米国がネパール政府に武器を供与するテコ入れをしたことも影響し、03年に対話が再開された。だが、やはり武力衝突が発生し、毛派が停戦終了を宣言、情勢は悪化した。05年までの死者数は約1万人に達する。06年5月にはコイララ新政権との対話に応じ、和平交渉再開で合意している。

(竹内幸史 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android