ネブライト(英語表記)nebulite

岩石学辞典の解説

ネブライト

ギュンベルは球状晶子(globulite)の不規則な集合体の名称としたが[Gümbel : 1888],現在はミグマタイトの岩石名として使用されている.ミグマタイトの場合は組成の違った部分の境界が拡散して輪郭が不明瞭となったゴーストが残り,雲のようになったミグマタイトである.不均質に混合した岩石で,一般に花崗岩組成で,暗色鉱物に富む物質の不規則な条線やパッチを伴う.この暗色の条線は既存の岩石の破片が部分的に同化作用を受けたものとされている[Sederholm : 1926, Raguin : 1946, 1965].ラテン語のnebulaは霧,靄(もや),英語のneblaは星雲の意味.拡散ミグマタイト(diffuse migmatite)[Angel & Staber : 1937].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android