コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネブライト nebulite

1件 の用語解説(ネブライトの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ネブライト

ギュンベルは球状晶子(globulite)の不規則な集合体の名称としたが[Gümbel : 1888],現在はミグマタイトの岩石名として使用されている.ミグマタイトの場合は組成の違った部分の境界が拡散して輪郭が不明瞭となったゴーストが残り,雲のようになったミグマタイトである.不均質に混合した岩石で,一般に花崗岩組成で,暗色鉱物に富む物質の不規則な条線やパッチを伴う.この暗色の条線は既存の岩石の破片が部分的に同化作用を受けたものとされている[Sederholm : 1926, Raguin : 1946, 1965].ラテン語nebulaは霧,靄(もや),英語のneblaは星雲の意味.拡散ミグマタイト(diffuse migmatite)[Angel & Staber : 1937].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネブライトの関連キーワード球状晶子状石灰岩聚球晶子球状晶子構造唖鈴形晶子球状晶子キュムライト棒状晶子モルブライト鏈状晶子球状物集合球顆体

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone