コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネルンスト効果(電流磁気効果) Nernst effect

1件 の用語解説(ネルンスト効果(電流磁気効果)の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ネルンスト効果【Nernst effect】

(1) 導体に互いに垂直な磁場と温度勾配を与えると,高温端から低温端へ向かう電子の流れが磁場により偏向を受けて曲げられる.このため電子の分布が一様でなくなり,横方向に電場が生じる.その大きさは

となる.ここで Ey はネルンスト電場,Q はネルンスト係数,Bz は磁束密度,dT/dx は縦方向の温度勾配である.

(2) 磁場中におかれた導体に,磁場とは垂直方向に電流を流すと,電流の方向に温度勾配が生じる現象のこと.通常はネルンスト‐エッティングスハウゼン効果*呼ばれるが,単に,エッティングスハウゼン効果*横ネルンスト効果*ともいう.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネルンスト効果(電流磁気効果)の関連キーワード光電磁効果ポアズ温度勾配エッティングスハウゼン‐ネルンスト効果電気的縦効果熱伝導のフーリエ法則ネルンスト‐エッティングスハウゼン効果フォークト効果フーリエの熱伝導方程式マクスウェル効果

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone