コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偏向 ヘンコウ

デジタル大辞泉の解説

へん‐こう〔‐カウ〕【偏向】

[名](スル)
考え方がかたよっていること。また、その傾向。「偏向した教育」「保守主義的偏向
電子線電界磁界をかけ、進行方向を変化させること。ブラウン管などに応用。「偏向コイル」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へんこう【偏向】

( 名 ) スル
考え方などがかたよっていること。また、かたよった傾向。 「思想の-」 「その心自らこれに-し、…公平の心を失なふ/西国立志編 正直

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の偏向の言及

【陰極線管】より

…電子銃から発生した電子ビームは,必要に応じて蛍光面上のいろいろな位置に到達できるように任意にその進む方向を曲げられる。これを偏向と呼ぶ。図では,偏向を外付けの偏向コイルによる磁界型を用いた例を示している。…

※「偏向」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

偏向の関連キーワードユーゴスラビア共産主義者同盟教育に関する自民党の公約ジョン・H. ローソンビヤクネス定理(海流)S. ベンゲローフアッカーマンの原理トリニトロン方式ヤン アンフルトキャラクトロンオシロスコープティルミジーA. リーギ極左冒険主義コリオリの力イオンビームベンゲーロフナデージジン西国立志編活動銀河核偏向ヨーク

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

偏向の関連情報