コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネール磁壁 Neel wall

1件 の用語解説(ネール磁壁の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ネール磁壁【Neel wall】

薄膜状の強磁性体では,薄膜表面に磁壁が当たる箇所で磁極が生じるため,スピンの回転は表面に平行な面内で起こる(ブロッホ磁壁*のように磁壁面内で回転することはない).

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のネール磁壁の言及

【磁区】より

…これをブロッホ磁壁と呼ぶ。薄膜強磁性体では磁壁が膜面に現れるところでの磁極による静磁エネルギーの損失が無視できなくなり,ブロッホ磁壁よりは,磁壁内の磁気モーメントが膜面内で向きを変えるネール磁壁のほうが安定になる。膜厚が厚いものから薄くなるにつれてブロッホ磁壁からネール磁壁に移り変わるが,その途中で枕木磁壁と呼ばれる上述の二つの磁壁の組み合わさったものが現れる。…

※「ネール磁壁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ネール磁壁の関連キーワード磁性体強磁性体磁化バルクハウゼン効果非磁性体ヴィーデマン効果逆ヴィーデマン効果キュリー‐ワイスの法則ビッターの図形

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone