コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネール磁壁 Neel wall

法則の辞典の解説

ネール磁壁【Neel wall】

薄膜状の強磁性体では,薄膜表面に磁壁が当たる箇所で磁極が生じるため,スピンの回転は表面に平行な面内で起こる(ブロッホ磁壁*のように磁壁面内で回転することはない).

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

世界大百科事典内のネール磁壁の言及

【磁区】より

…これをブロッホ磁壁と呼ぶ。薄膜強磁性体では磁壁が膜面に現れるところでの磁極による静磁エネルギーの損失が無視できなくなり,ブロッホ磁壁よりは,磁壁内の磁気モーメントが膜面内で向きを変えるネール磁壁のほうが安定になる。膜厚が厚いものから薄くなるにつれてブロッホ磁壁からネール磁壁に移り変わるが,その途中で枕木磁壁と呼ばれる上述の二つの磁壁の組み合わさったものが現れる。…

※「ネール磁壁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ネール磁壁の関連キーワードブロッホラインブロッホ磁壁

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android