コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁壁 じへき

大辞林 第三版の解説

じへき【磁壁】

強磁性体の磁区と磁区との境界。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の磁壁の言及

【磁区】より

…一般に強磁性体およびフェリ磁性体はその内部が磁化(自発磁化)の向きの異なる領域に分かれている。この領域のことを磁区といい,その境界を磁壁magnetic domain wallsと呼ぶ。強磁性体が,見かけのうえで磁化をもたない消磁状態になることがあるのは,全体の磁化が打ち消されてしまうような磁区構造をもつ場合があるためである。…

※「磁壁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

磁壁の関連キーワードバルクハウゼン効果バルクハウゼンブロッホの磁壁ブロッホラインネール磁壁強磁性体ΔE効果分極磁区

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android