コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノイズ・ミュージック[noise music] ノイズミュージック

1件 の用語解説(ノイズ・ミュージック[noise music]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

ノイズ・ミュージック[noise music]

騒音を現代音楽の素材としてとらえ、楽器以外の音を使用した音楽。ジョンケージ、エドガー・ヴァレーズ、'60年代後半~'70年代のミュージック・コンクレートの手法を使った現代音楽などから、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのような、工場の騒音(ノイズ)を連想させる、過激な音を取り入れたニュー・ウェーブ系のアーティストも出現した。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノイズ・ミュージック[noise music]の関連キーワードテトラコードテトラテトラエチル鉛近代音楽虎の皮裸婦ISCMトーンクラスター吉松 隆:プレイアデス舞曲集 1/piano solo大前 哲

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone