コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノッサセニョーラダオリベイラ教会 ノッサセニョーラダオリベイラキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

ノッサセニョーラ‐ダ‐オリベイラ‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【ノッサセニョーラダオリベイラ教会】

Igreja Nossa Senhora da Oliveira》ポルトガル北部の都市ギマランイスにある教会。イスラム軍を破ったサラード川の戦いの勝利を記念して15世紀に建造。ロマネスク様式とゴシック様式が混在する。名称はポルトガル語でオリーブの木の聖母教会を意味し、教会前のアーチが完成したと同時にオリーブの木が突然芽吹いたという伝説に由来する。教会がある旧市街にはギマランイス城ブラガンサ公爵館をはじめ中世の歴史的建造物が多く、2001年に「ギマランイス歴史地区」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ノッサセニョーラダオリベイラ教会の関連キーワードノッサセニョーラダナザレ教会ドーレス教会ノッサセニョーラドカルモ教会ノッサセニョーラドピラール教会ノッサセニョーラドモンテドカルモ教会ノッサセニョーラドロザリオ教会ホザーリオドスプレートス教会ミゼリコルディア教会ロザリオドスプレートス教会ナザレ聖母大聖堂

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android