コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノブゴロド・セベルスキー Novgorod‐Severskii

1件 の用語解説(ノブゴロド・セベルスキーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ノブゴロド・セベルスキー【Novgorod‐Severskii】

ウクライナ北東部,チェルニゴフ州の小都市で,デスナ河畔に位置する。人口1万5600(1991)。セベルスカヤ地方(この名称はこの地方に居住したセベリャーネ人に由来する)の中心都市で,町の起源は明らかでないが,1044年からその存在が知られ,96年にはチェルニゴフ公国内の一分領公国(セベルスキー公国)の主都となった。《イーゴリ軍記》で有名なイーゴリ公(1151‐1202)も,この地の公であった。リトアニア大公アルギルダスの治世(1345‐77)にリトアニア領となり,1503年モスクワ公国領となったが,その後もリトアニアと合同したポーランドモスクワとの間で領有をめぐる争いが絶えず,1618年末のデウリノ休戦条約では休戦期間中ポーランド領とされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ノブゴロド・セベルスキーの関連キーワードシェフチェンコポルタバウクライナ政変チェルノブイリСаратовチェルシーブーツポルトチェルボ都市階級ウクライナ岩菜の花栽培によるチェルノブイリ事故の救援

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone