コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノブゴロド・セベルスキー Novgorod‐Severskii

世界大百科事典 第2版の解説

ノブゴロド・セベルスキー【Novgorod‐Severskii】

ウクライナ北東部,チェルニゴフ州の小都市で,デスナ河畔に位置する。人口1万5600(1991)。セベルスカヤ地方(この名称はこの地方に居住したセベリャーネ人に由来する)の中心都市で,町の起源は明らかでないが,1044年からその存在が知られ,96年にはチェルニゴフ公国内の一分領公国(セベルスキー公国)の主都となった。《イーゴリ軍記》で有名なイーゴリ公(1151‐1202)も,この地の公であった。リトアニア大公アルギルダスの治世(1345‐77)にリトアニア領となり,1503年モスクワ公国領となったが,その後もリトアニアと合同したポーランドとモスクワとの間で領有をめぐる争いが絶えず,1618年末のデウリノ休戦条約では休戦期間中ポーランド領とされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ノブゴロド・セベルスキーの関連キーワードワシーリー[3世]

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android