ノブレ(英語表記)Nobre, António

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノブレ
Nobre, António

[生]1867.8.16. ポルト
[没]1900.3.18. フォスドドーロ
ポルトガルの詩人。 1890年パリにおもむき,政治学,法学を学ぶ。 95年帰国,領事官試験を受けて外務省に入り,スイス,アメリカなどに赴任。スイスで研修中,結核を病み,33歳の若さで死亡。ポルトガルの象徴主義的傾向を代表する詩人の一人であったが,その詩の独創性ゆえに同時代の人々から理解されなかった。代表作『孤愁』 Só (1892) ,『いとまごい』 Despedidas (1902) ,『最初の詩』 Primeiros Versos (21) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android