コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノミハムシ ノミハムシ Alticinae; flea beetle

2件 の用語解説(ノミハムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノミハムシ
ノミハムシ
Alticinae; flea beetle

鞘翅目ハムシ科ノミハムシ亜科に属する昆虫の総称。一般に小型で体長2~3mmのものが多く,体は円形ないし卵形が普通である。触角は接近してつく。前肢基節は離れる。後肢腿節が肥大し,ノミのようによく跳躍して逃げることからその名があるが,大型種にははねないものもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノミハムシ
のみはむし / 蚤金花虫・蚤葉虫
flea beetle

昆虫綱甲虫目ハムシ科ノミハムシ亜科Alticinaeの昆虫の総称。世界各地に広く産し、いろいろな植物につくものがあり、数千種が知られ、日本にもおよそ200種近くが産する。体長1~10ミリぐらいであるが小さい種が多い。半球形から細長い形のものまであり、背面は多少とも膨れる。色もさまざまで金属色の種も少なくない。ウスバハムシ類に近いが、後脚の腿節(たいせつ)が太く、跳躍できるのが特徴である。キスジノミハムシ、イチゴカミナリハムシ、ナスノミハムシなど害虫とされるものもあり、草木の葉に食害し、小形の種類の幼虫には葉肉や茎に潜るものがある。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノミハムシの関連キーワードヒメカツオブシムシ稲根喰葉虫猿葉虫歩行虫亀の子金花虫大根葉虫根食葉虫葉虫ハムシ(葉虫)クビボソハムシ亜科

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone