コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノメックス ノメックス Nomex

1件 の用語解説(ノメックスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノメックス
ノメックス
Nomex

アメリカのデュポン社が開発した芳香族ナイロン繊維化学構造はポリメタフェニレンイソフタルアミドで,引張り強度,弾性率は通常の有機繊維と比べて特に大きくはないが,通常のナイロンよりも耐熱性にすぐれており,主として工業用資材として用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のノメックスの言及

【アラミド繊維】より

…アラミド繊維は,引張強さ,強靱(きようじん)性,耐熱性が従来の繊維よりはるかに大きい。 ポリ‐m‐フェニレンイソフタルアミド(商標ノメックスNomex)は,耐熱性繊維としてアメリカのデュポン社で開発され,1967年に市場に出た。m‐フェニレンジアミンとイソフタル酸クロリドの重縮合物で,日本でも同種の繊維はコーネックス(商標)として市販されている。…

【耐熱性繊維】より

…芳香族ポリアミド(アラミド),ポリイミド,ポリベンズイミダゾール,ノボロイド,難燃加工綿などのポリマーから作られる繊維は耐熱性繊維である。メタフェニレンジアミンと塩化イソフタロイルの重縮合反応で合成される芳香族ポリアミドから乾式紡糸で作られる繊維は,HT‐1繊維またはノメックスと呼ばれ,耐熱性に優れている。 また,アクリル繊維を250~275℃の炉内で加熱して得られる,ナフチリジン構造をもつ一種の炭素繊維があり,これは火炎の中に入れても燃えない。…

【ポリアミド】より

… 耐熱性を向上させるために芳香族骨格を導入した全芳香族ポリアミド(アラミドaramidともいう)も工業化されている。フタル酸クロリドとメタフェニレンジアミンから得られるノメックスNomex(商品名,デュポン社)は電気絶縁材としてすぐれている。耐熱性と高弾性率をもつ繊維ケブラーKevlar(商品名,デュポン社)もアラミドの一種で,テレフタル酸クロリドとパラフェニレンジアミンから製造される。…

※「ノメックス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ノメックスの関連キーワードアメリカの声テフロンアラミド繊維エバーホワイトEPNアメリカの夢アメリカの影Semplonデュポン[会社](アメリカ)東レ・デュポン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone