ノン・ノク・タ遺跡(読み)ノン・ノク・タいせき(英語表記)Non Nok Tha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノン・ノク・タ遺跡
ノン・ノク・タいせき
Non Nok Tha

タイ,コンケーン地区の西端にある先史遺跡。村名をとってバンナディとも呼ばれる。石器時代から鉄器時代にいたるまで主として墓地として用いられたが若干の建物跡も存する。 1966,68年に D.T.ベイヤードらが調査。I~XI期に分けられ,I~II期は石器時代に属し縄蓆文土器のほか刻線文・彩文土器が少量あり,石斧,貝製ビーズなどの副葬品や,稲の圧痕も見出されている。 III~VII期は青銅器時代で,III期に銅斧が出現し,IV期では鋳型も発見されている。 VIII~XI期は鉄器時代のもので,墓は火葬で土器に骨を納める。墓上に墳丘をもつものも各期にみられる。放射能年代測定により銅の出現が前 3500年とされ,その古さで注目されたが,年代に関しては疑問視されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android