コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノーウッド Norwood

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノーウッド
Norwood

アメリカ合衆国,オハイオ州南西部の都市。周辺をシンシナティに囲まれる。当初は開拓者 J.シャープにちなんでシャープスバーグと呼ばれた。 1809年に駅馬車交通の分岐点となったが,主要交通路からはずれていたため,発展は緩慢。 1900年頃鉄道交通が開け,シンシナティの郊外住宅地としても発展。その後シンシナティから自動車,化学工業,事務用具などの製造工場が進出した。市内にあるローマカトリック系のカレッジは,1829年に設立されたザビエル派の神学校の後身。人口2万 6342 (1980) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ノーウッドの関連キーワードファン・マヌエル マルケスマット ハッセルベックジョージ チャキリスD.L. ハミックウェリントン植物園ジャニス ルールウィルソン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノーウッドの関連情報