コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノールカップ Nordkapp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノールカップ
Nordkapp

ノルウェーのほぼ最北端の岬。ノルウェー海とバレンツ海の境界をなすマーゲレイ島の北端 (北緯 71°10′20″) ,海面から 307mの絶壁上にある。夏は白夜で知られ,観光客でにぎわう。一般にヨーロッパ大陸,スカンジナビア半島の最北端とされているが,実際には最北端はその西北西約 6kmにある同島のクニフシェロッデン岬 (北緯 71°11′8″) で,島を除く最北端はノールカップ東方約 80kmのノールヒュン半島北端 (北緯 71°8′1″) である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ノールカップ(Nordkapp)

ノルウェー北部、マゲロイ島北端の岬。北緯71度10分21秒に位置する。バレンツ海を臨む高さ307メートルもの断崖になっている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ノールカップの関連キーワードアルタのロックホニングスボーグハンメルフェストフィンマルク県ラップランド宮﨑あおいノルウェー岸田卓也河野仁美加賀谷圭椎名一誠中村亮太北極海

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android