ハイオクタンガソリン(英語表記)high-octane gasoline

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイオクタンガソリン
high-octane gasoline

オクタン価の高いガソリン,すなわちノッキングしにくいガソリンをさす。ノッキング停止のためのアンチノック剤として,かつては鉛化合物 (テトラメチル鉛など) を添加していたが,排気中の有毒性が問題となり規制が行われたため,現在では鉛系以外のアンチノック剤を用いる。また乗用・商用車の大半は無鉛仕様となっている。ハイオクタンガソリンのメリットは圧縮比を高く設定でき,過給機の圧力を上げられることなどである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ハイオクタンガソリン【high-octane gasoline】

アンチノック性を高めるため、オクタン価を高くしたガソリン。プレミアム-ガソリン。ハイ-オク。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android