コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイデルベルク教理問答 ハイデルベルクきょうりもんどう

百科事典マイペディアの解説

ハイデルベルク教理問答【ハイデルベルクきょうりもんどう】

ドイツ語Heidelberger Katechismusの訳。ファルツ選帝侯フリードリヒ3世(存位1559年―1576年)が,自らのルター派からの改革派(カルバン派)への改宗にともない作製させた教理問答
→関連項目教理問答

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハイデルベルクきょうりもんどう【ハイデルベルク教理問答 Heidelberger Katechismus】

改革派教会の教理問答。ファルツ選帝侯フリードリヒ3世(在位1515‐76)は領主となったのちルター派から改革派に改宗し,領内をこの信仰で統一すべくハイデルベルク大学の神学者に教理問答を作らせた。おもな起草者はウルジヌスZacharias Ursinus(1534‐83),助言者にオレウィアヌスCaspar Olevianus(1536‐87)がいた。1563年11月に公布される。〈人間の罪と悲惨〉〈救い〉〈感謝〉の3部からなり,改革派の教理問答中最も広く用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハイデルベルク教理問答の関連キーワードカテキズム

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android