救い(読み)スクイ

デジタル大辞泉の解説

すくい〔すくひ〕【救い】

救うこと。救助。救済。「困窮者に救いの手を差し伸べる」「救いを求める」
人の心に安堵(あんど)感を与えるもの。慰め。「救いのない気持ち」「死傷者のないのがせめてもの救いだ」
救済(きゅうさい)2」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すくい【救い salvation】

救済〉ともいう。一般に,超自然的な存在や力もしくは自己の精進努力によって,生理的なや心理的な苦痛から脱却すること。その結果,精神的な至福感や神秘的な法悦が訪れることがある。これを整理すると,救いの具体的な内容は,生理的・心理的・精神的・神秘的といったさまざまの位相に重層的にかかわっているということができる。また救いを求める態度としては,絶対者や超自然的な力に祈願し奉仕する型と,自己自身の力に頼る型の2種に分けることができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android