ハイドロコーチゾン(英語表記)hydrocortisone

翻訳|hydrocortisone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイドロコーチゾン
hydrocortisone

コルチゾール,ヒドロコルチゾンともいう。副腎皮質ホルモンのうちグルココルチコイドに属す。糖新生および蛋白質異化促進,リンパ組織萎縮,心筋収縮力増強,細動脈アドレナリンに対する反応性の亢進,ストレスに対する抵抗力増強,抗炎症作用 (膜安定化作用,血管収縮,血管透過性の抑制) ,抗体産生抑制,抗アレルギー作用などが知られている。臨床的には,副腎皮質不全の補充療法に用いられるハイドロコーチゾンをはじめとして,グルココルチコイド作用の強い化合物 (プレドニゾロントリアムシノロンデキサメサゾンベタメサゾンなど) が,種々の炎症性,アレルギー性疾患の対症療法に用いられている。これらは作用が強いが,長期間投与すると精神異常,皮下脂肪蓄積 (体重増加,満月様顔貌) ,体液平衡異常,易感染性その他の副作用が出現する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android