コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糖新生 トウシンセイ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

糖新生
とうしんせい
gluconeogenesis

動物で行われる糖骨格の新生をさす用語で、この過程はヒトにおいても重要な代謝経路である。糖新生は嫌気的解糖の結果遊離した乳酸からグルコースを再生する過程であり、神経組織や赤血球はグルコース以外のエネルギー源を利用しがたく、グルコースへの依存度が高い。したがって、食物からの糖の供給量が低下すると、アミノ酸から出発して糖骨格を新生しなければならない。
 糖新生の過程の多くは解糖系の逆行と理解できるが、三つの異なった段階がある。まずピルビン酸からホスホエノールピルビン酸への転換は、オキサロ酢酸を経なければならない。またフルクトース-1,6-ジリン酸からフルクトース六リン酸への変化、そしてグルコース六リン酸からグルコースへの変化はいずれも特異的なフォスファターゼによって触媒される。この三つの過程では、いずれの場合にも、解糖系を逆行する場合に比較すると過剰のATP(アデノシン三リン酸)のエネルギーを失うようになっている。すなわち、この過剰に投資されたATPのエネルギーによって、代謝系はグルコースの新生の方向に動かされるのである。また、この三つの段階は糖新生の速度が調節される段階ともなっている。すなわち、コルチゾールなどはこれらの酵素を促進し、インスリンは抑制する。[村松 喬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の糖新生の言及

【代謝】より

…(3)五炭糖回路 核酸の前駆体であるヌクレオチド生合成の素材であるリボース‐5‐リン酸の供給やNADPHの生成のために重要な代謝で,主として細胞質で営まれる。(4)糖新生 乳酸,グリセロール,アミノ酸などの炭水化物以外の物質からピルビン酸の生成→炭酸固定によるオキサロ酢酸の合成→リン酸化と脱炭酸反応によるホスホエノールピルビン酸の生成を経てグルコースを合成する代謝で,おもに肝臓や腎臓で営まれる。(5)グリコーゲンの合成と分解 合成はUTPとグルコース‐1‐リン酸からUDPグルコースを経てグリコーゲン合成酵素が,また分解はホスホリラーゼが触媒する。…

※「糖新生」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

糖新生の関連キーワードフルクトースホスホエノールピルビン酸カルボキシキナーゼフルクトースビスリン酸ホスファターゼグルコースグルコースリン酸イソメラーゼホスホエノールピルビン酸グルコース6ハイドロコーチゾングルコースリン酸コルチコステロンコリのサイクル経口血糖降下薬経口抗糖尿病薬コルチゾールコルチコイドステロイドグルカゴンホルモンビオチンストレス

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

糖新生の関連情報