コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイバル[峠] ハイバル

百科事典マイペディアの解説

ハイバル[峠]【ハイバル】

カイバー峠とも。パキスタンアフガニスタンの国境,ヒンドゥークシ山系のサフィド・コー山脈中の峠で,最高点は標高1029m。古来,西および中央アジアからインドへの重要な門戸で,ギリシア文化もこの峠を越えてガンダーラ地方などに伝えられた。
→関連項目パキスタンペシャーワル

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハイバル[峠]【Khyber】

パキスタン北西端,サフィド・コー山脈中にある峠。カイバル峠カイバー峠とも呼ばれる。北西辺境州のペシャーワルとアフガニスタンの首都カーブルとを結ぶ。パキスタン側の検問所ジャムルードからアフガニスタン側の検問所トルハムまで全長34kmあり,アジア・ハイウェーが走り,パキスタン側には鉄道も敷設されている。一帯は小灌木がまばらに生えるのみの峨々たる岩山で,所々に要塞や,第1次,第2次イギリス・アフガニスタン戦争時のイギリス軍の記念碑が点在する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のハイバル[峠]の言及

【峠】より

… 内外の著名な峠は,いずれも歴史的な意味をもつか眺望にすぐれているかであり,人文活動と山との目だった接点ともいえる。パキスタンとアフガニスタンの間のハイバル峠(1027m)はインドへの軍隊の通過点として古くから名高く,ブレンナー峠(1370m)はイタリア・オーストリア国境にあり第2次大戦中ドイツ,イタリアの首脳会談の場所ともなった。 峠となる山稜上の鞍部の地形的成因は一定していない。…

※「ハイバル[峠]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハイバル[峠]の関連キーワードイギリス・アフガニスタン戦争ヒンドゥークシ[山脈]カイバー[峠]ムガル帝国ガズナ朝