コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイパー・マーケット hyper market

流通用語辞典の解説

ハイパー・マーケット【hyper market】

ヨーロッパで急激な成長をみせた郊外型スーパー・マーケット(売り場面積2500平方メートル以上で食料品を主体とした商品構成、大規模な駐車場を備えている。わが国では、比較的大きな食料品売り場をもった量販店が多いので、このタイプの業態は大きく伸びないものと考えられている。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について | 情報

ハイパー・マーケットの関連キーワードOlympicグループJ.セインズベリーカルフールヨーロッパSSDDS

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android