ハイブリッド軌道(読み)ハイブリッドきどう(英語表記)hybrid trajectory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイブリッド軌道
ハイブリッドきどう
hybrid trajectory

宇宙船やロケットの一つの飛行で,2種類以上の性質の異なる軌道を混成した場合をいう。宇宙船ではアメリカのアポロ 12号で初めて採用され,その後 13号,14号,15号などがこの軌道をとっている。有人飛行では,アポロ8号から 11号まで逆噴射が作動せず,月の孫衛星軌道に入れなくてもそのまま月の裏側を回って,地球に戻ってこられる自由帰還軌道をとっていた。 12号以来,飛行時間の節約などの目的で,初めは自由帰還軌道をとり,途中で軌道修正し,そのままでは地球に帰れない軌道に入った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android