コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイホラゴケ(這洞苔) ハイホラゴケVandenboschia radicans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイホラゴケ(這洞苔)
ハイホラゴケ
Vandenboschia radicans

コケシノブ科の常緑性シダ植物で,一名コガネシノブ。分布は台湾,中国,ベトナム,タイ,北インドに及ぶ。日本の中部以南の山地の湿ったところに群生する。根茎は紐状,長くはって黒褐色の毛状鱗片におおわれている。葉は長さ 10~25cm,まばらに生える。葉柄と葉身の葉軸に翼がある。葉面は膜質で透き通り,長卵形ないし広披針形で3~4回羽状に深裂する。胞子嚢群は裂片の末端に生じて包膜は筒状。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハイホラゴケ(這洞苔)の関連キーワードコケシノブ科

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android