コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイラル(海拉爾)市 ハイラルHailar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイラル(海拉爾)〔市〕
ハイラル
Hailar

中国北部,内モンゴル (蒙古) 自治区北東部の市。フルンボイル (呼倫貝爾) 盟の行政中心地。フルンボイル平原の中部,ハイラル川とイーミン (伊敏) 河の合流点にある。肥沃な牧畜地域の中心地として早くから開け,唐代に黒水都督府がおかれた。清代中期には呼倫城が築かれて副都統がおかれた。 1905年下関条約で商埠地となる。日本が支配していた満州国時代には興安北省の行政庁所在地で,ノモンハン事件で日本軍の作戦基地となった。トンリヤオ (通遼) 市との間に空路がある。ピンチョウ (浜洲) 鉄道が通り,自動車道も四通していて,畜産品と農産物の集散が盛ん。人民共和国成立後,肉類加工のコンビナートのほか,羊毛,羊皮,乳製品などの工場が建設された。牧畜ではサンホー (三河) 牛,サンホー馬など優良品種の繁殖基地となっている。人口 20万 5744 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハイラル(海拉爾)市の関連キーワードフルンボイル(呼倫貝爾)盟ピンチョウ(浜洲)鉄道

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android