コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハウスブーフの画家 ハウスブーフのがかHausbuchmeister

世界大百科事典 第2版の解説

ハウスブーフのがか【ハウスブーフの画家 Hausbuchmeister】

1470‐1505年ころ,ドイツのマインツ周辺のミッテルライン地方で活躍した版画家,画家。生没年および本名,経歴は不明。呼称は,1480年ころ作とされるその挿絵本《ウォルフエックWolfeggの家事書(ハウスブーフ)》に由来する。また,その版画作品の大半がアムステルダム版画収集館の所蔵になるため,〈アムステルダム版画収集館の画家Meister des Amsterdamer Kabinetts〉とも呼ばれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ハウスブーフの画家の関連キーワードメッケネム