コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハウスブーフの画家 ハウスブーフのがかHausbuchmeister

世界大百科事典 第2版の解説

ハウスブーフのがか【ハウスブーフの画家 Hausbuchmeister】

1470‐1505年ころ,ドイツマインツ周辺のミッテルライン地方で活躍した版画家,画家。生没年および本名,経歴は不明。呼称は,1480年ころ作とされるその挿絵本《ウォルフエックWolfeggの家事書(ハウスブーフ)》に由来する。また,その版画作品の大半がアムステルダム版画収集館の所蔵になるため,〈アムステルダム版画収集館の画家Meister des Amsterdamer Kabinetts〉とも呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハウスブーフの画家の関連キーワード近衛政家イワン梅枝イワン後法興院記十三陵ベンボ善隣国宝記対中ODA(政府の途上国援助)名古屋市人事委員会の民間給与調査方法

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone