コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハウスブーフの画家 ハウスブーフのがか Hausbuchmeister

1件 の用語解説(ハウスブーフの画家の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハウスブーフのがか【ハウスブーフの画家 Hausbuchmeister】

1470‐1505年ころ,ドイツマインツ周辺のミッテルライン地方で活躍した版画家,画家。生没年および本名,経歴は不明。呼称は,1480年ころ作とされるその挿絵本《ウォルフエックWolfeggの家事書(ハウスブーフ)》に由来する。また,その版画作品の大半がアムステルダム版画収集館の所蔵になるため,〈アムステルダム版画収集館の画家Meister des Amsterdamer Kabinetts〉とも呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハウスブーフの画家の関連キーワード西ドイツハイネフランクフルトマイン川マインツラインの守り統一ドイツドイツ第二テレビドイツ放送連盟ドイツの小さな町

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone